Close
Studio Nari & Zuzanna Rogatty - Meet the Designers of the Women's 100 collection for 2022

ウィメンズ100 コレクション - デザイナーたちのご紹介

今年10周年になる女性たちのサイクリングを祝福すべく、1つではなく2つの特別なウィメンズ100 コレクションを世界レベルのグラフィックデザイナーと共に製作。

路上で女性たちを繋ぐお揃いのユニフォームなしには、積極的で、変化を求め、1日を楽しむ女性たちの繋がりは完成されません。『ズザンナ・ロガティ』と『スタジオ ナーリ』と共に製作した2種類のデザインは、ウィメンズ100の10周年を記念するに相応しいスタイル、目を惹くプリントの限定版コレクションです。カラフルで存在感のある、あらゆるタイプのサイクリストのために製作されたこのコレクションをデザインした女性たちに話を聞きました。

カテリーナ・ビアンキーニ、スタジオ ナーリ


Empowering anthem = This Is The Day - The The
Words to live by = Tutto passa (everything passes)



「私は早くに学校に行くのを辞めました。自分に合ってなかったのです。カレッジで中判カメラを学び、それからグラフィックデザインを学ために大学へ行きました。そこでデッサンや文字のイラストレーション化に興味を持ちました。私自身とスタジオのデザインアプローチの原点はここにあると思います」。

「ロンドンに引っ越した後、企業での仕事を始めましたが、その仕事がとても嫌だったので、夜には人のために音楽のチラシを作ったり、ブランドロゴを作ったりしていました。みんなお金を持っていなかったので、私のポートフォリオ作りとしてやっていました。その後、『ボイラールームズ デザイン』で2年働きました。なかなかハードでしたが、今やっていることの元になっている「実験と楽しむこと」は、この時代に培われてたものです。

カテリーナ・ビアンキーニの顧客リストやコラボレーターには数多くの著名人が連なっています。彼女はクリエイティブコンサルティングで定評があり、大胆で美しく独創性のあるデザインを生み出している『スタジオ ナーリ』の創業者で、記念すべき今年のウィメンズ100 コレクションに完璧なパートナーでした。

『スタジオ ナーリ(Studio Nari)』は、『Not Always Right Ideas』の頭文字を取っていて、この考え方が全てのプロジェクトの軸になっています。「これは人間の本質で、私たちが物事に対して行っているクリエイティブアプローチです。『正しさ』や『既存のもの』に従う必要はないのです」。

「このコレクションに関しては、最終形に辿り着くまでに何百回もデザインをやり直すことになりました。このようなコレクションのデザインをすることができたことは本当に素晴らしいことで、私たちは納得のいくパーフェクトなものを作りたかったのです。たくさんのアイディアがあり、楽しくデザインしたかったのです。

「私たちのスタジオには、かなり稀なことですが、専属のタイポグラファーがいて、『all my girls ride with me』というメッセージに私たちのタイポグラフィーを使ったら最高だと思いました。このメッセージを、大胆かつ躍動感のある、インパクトを与えるルックスにしたかったのです。グニャグニャした字体は、お互いに溶け合っていくような、そこにある、ある種のエネルギーと推進力を表現しています」。

「Tシャツの背中に書いてある素敵なメッセージを見て笑顔になることがあると思いますが、私たちもこのように、これを見る人たちに笑顔になってほしいと願っています。お互いを知らなくても、言葉を交わさなくても、確かな繋がりを感じられるようなものであって欲しいのです。これがウィメンズ100の醍醐味で、距離や乗り方ではなく、参加すること、楽しむことが全てなのです」。

ズザンナ・ロガティ


Empowering anthem = Queen Latifah - U.N.I.T.Y
Words to live by = Everything is going to be alright



「以前はニューヨークに住んでいました。でもパンデミックが起こり、ハワイに移住することにしたのです。それまでハワイに行ったことはなく、知り合いもいませんでしたが、毎日サーフィンがしたい一心でした。これが最高の決断になったのです。今はこの楽園に住みながら、リモートで働いています」。

「私はアウトドアが大好きで、ハイキングやサーフィンをして、ほとんどの時間をビーチか山で過ごしているし、サイクリングも大好きです。だから、ラファからの連絡を受けたとき、ロードバイクに乗るときが来た!と思いました」。

ポーランド生まれ、ハワイとニューヨークを拠点に活動するグラフィックデザイナーのズザンナは、優れた創作者です。彼女のスタイルは楽観的で、豊かな表現力、大胆な色使いと遊び心を幅広い彼女の作品群から見ることができます。彼女はこのコレクションにもこれらの素晴らしい特徴を織り込み、少し伝統的なスタイルを彷彿とさせるものに仕上げました。

「ラファのコレクションをデザインすることは、私の夢が叶った瞬間で、自由に好きなようにデザインできることは、本当に特別なことでした。新しい作品に取り掛かるとき、私はいつもリサーチすることから始めます。このコレクションのために、私は多くのビンテージサイクリングジャージやレトロなサイクリングギアを調べました。これらのものを今日でも身につけることができるというのは、どんなに素晴らしいことでしょう」。

それから、様々なスタイルの書体や大きさ、構成や色を試しながら一連のスケッチを描き起こしました。デュオトーンを使用することで、時代を越えても色褪せないコレクションができたと思っています。コンセプトとしては、ウィメンズ100が象徴する、遊び心と温かさを大切にした連帯感や強さ、勇敢さを表現しました。これらのエネルギーバランスを重要視してデザインに込めました」。

ライドの喜びや、誰にでもオープンでインクルーシブであることを祝福し、これらの重要性をデザインに織り込んでいるズザンナのデザインは、ウィメンズ100の世界観をそのまま完璧に表現しています。

コレクションを見る

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる