Close

自転車競技の未来に繋がる道を作り出す

2019年、サイクリングとサイクリストの明るい未来を構築するために設立されたラファ ファウンデーション。これまで光が当てられてこなかった次世代レーサーたちを発掘し、鼓舞し、支援する団体を対象に支援を行っています。現在世界中でラファ ファウンデーションの支援金の対象団体の数は10を超えます。

ラファ ファウンデーションの支援総額は年間150万ドル(約1億6100万円)。2021年2月に新たにオーストラリアに拠点を置く団体が受領リストに加わります。今年を初年度として、ラファ ファウンデーションは草の根団体「ライド ネーション」を世界中で拡大中の支援金の受領団体の一員として迎えます。

受領団体の最新情報

私たちの寄付金は一体どういったことに役立てられているのでしょうか?ここでは、ラファ ファウンデーションの支援を受けた団体の活動について紹介します。

デトロイト フィットネス ファウンデーション

ジュニア プログレス


「ラファ ファウンデーションのおかげで、レースに向けて周到に準備する体制が整い、レクサス ヴェロドロームでのプロレースに参加するチャンスが生まれました。寄付金がなければ決して実現できなかったことです。ジュニアカテゴリーのナショナル選手権に出場し、自分の年齢カテゴリーでトップ3に入るのが来シーズンに向けての目標です」。

- ドネール・アンダーソン(14歳)

「レクサス ヴェロドロームでプロ選手を相手にレースしたのが最近のハイライト。自転車選手として成長させてくれるトラック競技に感謝している。ジュニア選手にとって、夢を追いかけるきっかけになっているんだ。デトロイトでレースすることができて本当に嬉しい」。

- デジョン・パーク(16歳)

最新情報を見る

ハーンヒル ヴェロドローム トラスト

今後の予定


昨年からハーンヒル ヴェロドローム トラストはサイクリングトラックの大規模改修に携わるとともに、38台のトラックバイクと35台のライド習得用バイクを導入。さらに若手選手育成担当者としてシア・スミスと契約を結びました。ロックダウンが緩和されるとともに、トラックで自由にライドが可能になることが予想されるため、トラストは活動の幅を広げていく予定です。彼らの予定に含まれるのは

- より多くのライダーの参加を促すために、オフロードとMTBカテゴリーに投資を行い、トレイルの排水や整地を行っていきます。

- より広いコミュニティのサイクリストへの参加を促すために新しいマウンテンバイクを導入します。

- 地元コミュニティへの周知を図り、サイクリングの魅力を発信するためにヴェロドローム周辺に住む市民への啓蒙活動を行います。

- 地元のフォトグラファーと協力し、ヴェロドロームの全長150mのエントランス廊下に様々なアクティビティの写真を展示します。

最新情報を見る

すでに受領している団体

トップ サイクリスト アカデミー

新たに日本初の支援を受けることとなったのは、プロサイクリストとして世界で戦える選手を育成する強化スクールの、トップ サイクリスト アカデミー。フィジカルとメンタル トレーニングはもちろんのこと、メディア トレーニングなどコミュニケーション能力や社会性も含め教育していくプログラムを擁し、講師陣にはオフロード競技を主にコーチとして資格を持つ指導者を揃えています。

最新情報を見る

ライド ネーション

この団体のスクールプログラムは、恵まれない子供たちが自転車のトレーニングを受けることへのハードルを下げることに尽力しています。ラファ ファウンデーションによる支援金は、自転車を必要とする若い世代に寄贈された30台の自転車に乗ってもらうことを可能にするために使われます。

最新情報を見る

NICA

サイクリングを通じて、強い精神力や体力、コミュニティを築くことを目指しているNICA。2019年に始まったラファからの支援により、同団体の「GRiTプログラム(女の子も一緒に乗るプログラム)」が大きな成功を収めました。フルタイムでGriTプログラムマネージャーを務めるリッバ・モラヴァクと52人のコーディネーターの働きにより、アメリカ国内で多くの女の子が自転車競技を始めるに至っています。

最新情報を見る

メジャー テイラー プロジェクト

自転車競技が私たちの生活やコミュニティを豊かにするという考えをもつ「カスケード バイシクルクラブ」は、ワシントン州最大の自転車関連団体です。アフリカ系アメリカ人として初めて世界タイトルを獲得したマーシャル・テイラーの名前を冠した「メジャー テイラー プロジェクト」は、民族的に少数派のコミュニティを自転車競技に結びつける活動を行っています。

最新情報を見る

サイクルキッズ

7つの州の学校で活動する「サイクル キッズ」は、自転車競技を通じて子供たちが自信をつけ、学力を向上させ、自転車への情熱を育むための活動を行っています。過去16年間で、同プログラムは人種的に疎かにされてきたコミュニティに所属する30,000人以上の子供たちの自転車競技をサポートしてきました。

最新情報を見る

デトロイト フィットネス ファウンデーション

1年間に3日間しか活動しない「デトロイト フィットネス ファウンデーション」は、デトロイトの恵まれないコミュニティに所属する子供たちに無料の施設利用や無料プログラムを提供しています。アメリカ最大級の競技場であるレクサスヴェロドロームで同団体が主催するサマーキャンプには500人以上の子供たちが参加。競技に打ち込むためのエリートジュニアチームも運営しており、2019年はジュニアカテゴリーの国内選手権にも出場しました。

最新情報を見る

ホット チューブス

1991年の設立以降、デヴェロップメントチームとして活動する「ホット チューブス」は120人の若いエリートレベルの選手を育成してきました。そのうち20人強がプロ選手としての道を歩んでいます。しかし同プログラムはレース活動だけにとどまらず、選手としての成功に加えて人格形成などの教育的側面にも力を注いでいます。

最新情報を見る

ヘレン100

シクロクロスにおける若い女性にチャンスを与えるために設立されたのが「ヘレン100」です。2019年、ヘレン・ワイマンはソーシャルメディアを通して選手やチーム、コーチ、保護者に呼びかけ、実に140名の若い選手たちの経済的な障壁を取り払いました。

最新情報を見る

レイナー ファウンデーション

かつて「デイヴレイナー ファウンデーション」として知られていたこの団体は1995年に設立。キャリアの一歩を踏み出す若いサイクリストたちをサポートしてきました。過去のサポート選手には、イギリスが誇るアダム・イェーツやテイオ・ゲイガンハート、ハンナ・バーンズ、ダン・マクレーも含まれます。

最新情報を見る

サイクリスト アライアンス

元プロ選手として活動したイリス・スラッペンデールとカーマン・スモール、グレイシー・エルヴィンが女子プロ選手の権利を保護するために設立した「サイクリスト アライアンス」。オランダを拠点に、スポーツにおける公平性や平等性を訴えるとともに、選手たちの引退後の生活をサポートしています。

最新情報を見る

ハーンヒル ヴェロドローム トラスト

サウスロンドンの歴史的なハーンヒル ヴェロドロームは1891年から地元コミュニティに愛され、1948年にはロンドン五輪の舞台にもなりました。チャリティとして同施設を運営するこのトラスト活動により、毎年何千人という地元サイクリストがトラック走行やオフロード走行を楽しんでいます。

最新情報を見る

USA サイクリング ファウンデーション「マッドファンド」

USA サイクリング ファウンデーションは、若いアメリカのバイクレーサーたちに一貫した持続性のある育成プログラムを提供している「USA サイクリング」のサポートをミッションにしています。支援金を受け取るマッドファンドは特にシクロクロスのサポートに重きを置いています。

最新情報を見る

スタートラック

2004年以降「スタートラック」は、ニューヨークの子供たちにトラックサイクリングの楽しさとメリットを紹介し、子供たちの生活の向上に努めています。ほとんどの「スタートラック」の選手たちは、ブルックリンやクイーンズのような設備やサポートがが十分でない郊外から通っています。

最新情報を見る

エイミー D ファウンデーション

「エイミー D ファウンデーション」はサイクリングを通じて、若い女性たちが健康的なチャレンジに取り組んだり、自信を持って大きな夢を追いかけるためのサポートを行っています。2003年に設立され、スポーツへの参加、そして機会と平等を築くためのプログラムを行っています。

最新情報を見る

ボルダー ジュニア サイクリング

「ボルダー ジュニア サイクリング(BJC)」は、コロラド州ボルダーで年間を通して行われる子供たち向けのサイクリングプログラムです。8歳から18歳までの様々な種目に挑む若いサイクリストたちを育成、指導し感銘を与えることをミッションにしています。2006年に設立され、アメリカ国内で最も成功しているジュニアサイクリング チームの1つにまで成長しました。

最新情報を見る

ラファ ファウンデーションについて

ラファはサイクリングを讃え、普及させるために、2004年に設立されました。設立当初私たちは、高品質なロードウェアを作り、心を揺さぶる写真やストーリーと共にこれらを展示しました。以来企業として拡大を続け、より多くの製品カテゴリーを作り、世界各国のサイクリストたちのコミュニティの発展に努めてきました。ラファはサイクリングに情熱を捧げ、サイクリングが世界で最もポピュラーなスポーツとなるために努力をしています。

2018年にラファが発行した「ロードマップ」は、サイクリングの最たるもの、プロロードレースがいかによりエキサイティングで価値あるものとなれるかを2年間にわたって調査したリサーチプロジェクトの成果です。今や「ロードマップ」の中に記載されている推奨事項が、チームのスポンサー活動や、サイクリングの草の根運動に従事している慈善団体をサポートするラファ ファウンデーションの設立など、ラファの全ての活動指針となっています。

支援金についての詳細


支援対象と基準

 

応募団体は、ラファのミッションとビジョンと合致し、自身の活動がサイクリングの普及に大きく関わることを証明しなければいけません。

 

アメリカを拠点にした応募団体は、Section 501(c)(3)の公共慈善団体でなければなりません。アメリカ国外の団体の場合、アメリカを拠点にしている501(c)(3)の公共慈善団体の財政スポンサー、又は501(c)(3)の公共慈善団体と同等団体のプロジェクトとして申請しなければいけません。

支援できない団体

 

このファウンデーションは、個人へ直接支援を行うことはできません。

ラファでは、私たちのミッションに合った団体の選定に努めています。したがって、一方的な提案にはお応えできません。しかし、推薦したい団体がある場合や、ご自身の所属する団体が同じミッションを持ち、審査を受けたい場合は、こちらのフォームに記載の上、お申し込みください。

支援対象地域


サイクリングの世界中の足跡を追いながら、ラファ ファウンデーションは、アジア太平洋地域、ヨーロッパ諸国、イギリス、アメリカを拠点にしてコミュニティーのサポートを行う団体を対象に支援を行います。

申請方法


ラファ ファウンデーションは、直接のご応募は原則受け付けておりません。ラファでは、私たちのミッションに合った団体の選定に努めています。

しかし、推薦したい団体がある場合や、ご自身の所属する団体が同じミッションを持ち、審査を受けたい場合は、こちらのフォームに記載の上、お申し込みください。

紹介を受けた応募団体は、最長3年間で最大150,000ドルの支援金を受けるための提案書の提出を求められます。

法的概要


ラファ ファウンデーションは、ドナー・アドバイズド・ファンドとして、アメリカを拠点にした慈善団体フィデリティ チャリタブルに登録されています。全ての支援金は、慈善寄付のアメリカの規則および規制(アメリカ国内および国外機関の両方に適用)の対象となります。

NEW GRANTEES

Our latest round of grantees join the twenty other grassroots cycling organisations across the globe that were part of five previous rounds of funding. Find out more about the new recipients below, with in-depth features, interviews with our existing grantees below.

NATIONAL CYCLING INSTITUTE MILTON

Formed to advance cycling in Milton and across Canada, the NICM offer a full range of indoor track cycling opportunities to service cyclist of all ages and abilities. Through programs and Race Nights for youth and adults, riders can develop their skills and progress with their training. With the support of the Rapha Foundation, they’ll be expanding their popular ‘Try the Track’ initiative to invite more local schools and sports clubs across Southern Ontario to take part. They’ll also be running a cycling camp which will be open to young riders this summer.

Find out more

KC ACADEMY

When Kadeena Cox made the transition from track and field into cycling, she was struck by the comparative lack of diversity at the elite end of the sport. As the only Black British cyclist to win a gold medal at the Olympic or Paralympic Games, she was assured by her own success and concluded that the lack of diversity was not due to a lack of talent but a lack of opportunity and support. In 2021, she established the KC Academy partnership with SportsAid to break down barriers and create more pathways into the sport for riders from diverse ethnic communities. The funding provided by the foundation will help the academy support four emerging athletes and host open days in London and Derby to help identify passionate young cyclists with potential.

Find out more

COMMUNITIES ON THE MOVE

World Bicycle Relief is a non-profit organisation founded to help mobilise people through the power of bicycles. Their Communities on the Move program - supported by the Rapha Foundation thanks to our Black Friday Ride and Alt Tour initiatives - aims to significantly increase the mobilisation of communities in Kasungu, Malawi. Since affordable transportation options are largely unavailable in the area, the school enrolment rate is low, the reach of community health workers is limited and local farmers struggle to distribute their produce. Through the donation of more than 2,000 buffalo bikes to those who would most benefit from them, the program will help increase access to education, healthcare and trade opportunities for the people of Kasungu.

Find out more

RIDE FOR CHARLIE

Established in memory of Charlie Craig, the 15-year-old British cyclocross rider who inspired many through his love of the sport, the Ride for Charlie foundation aims to support young off-road cyclists. Allocating funding to self-motivated individuals and small teams, the foundation seeks to continue Charlie’s legacy of inspiring others to ride. With a focus on developing talent in mountain biking and other off-road disciplines, the foundation's financial assistance will help get riders to off-road cycling events across Europe. Through the foundation’s support, riders can overcome financial barriers that may prevent them from fulfilling their sporting ambitions and will help promote diversity in cycling.

Find out more

EXISTING GRANTEES

GROW CYCLING FOUNDATION

Established following the death of George Floyd in 2020, the Grow Cycling Foundation aims to tear down barriers to entry into cycling and create new avenues into the sport. With support from the Rapha Foundation, Grow Cycling are developing a world-class 30,000 square foot pump track in Downtown Los Angeles.

Find out more

BLACK GIRLS DO BIKE

Founded in 2013, Black Girls Do Bike (BGDB) is a charity that believes the simple act of riding a bike can facilitate life-changing experiences for women of all ages and backgrounds. With chapters across America, the organisation builds riding communities wherever it goes, all thanks to the work of their ‘shero’ volunteers.

Find out more

BEAR NATIONAL TEAM (BEAR DEV)

A dedicated XC mountain bike development team, ‘Bear Dev’ equips U23 riders with the skills and resilience needed to compete at the highest level of the sport. With more than 30 riders now on the books, Bear Dev used their funding to expand their race programme.

Find out more

USA CYCLING

Overseeing road, track, mountain bike, cyclocross and BMX, the organisation supports all cyclists, from enthusiasts to professionals. Having secured funding from the Rapha Foundation, USA Cycling appointed a dedicated Director for Diversity, Equity and Inclusion whose responsibility it is to extend existing their DEI programmes.

Find out more

EXPERIENCE FAYETTEVILLE

In January 2022, Experience Fayetteville hosted the UCI Cyclo-Cross World Championships. An elite facility for both cyclocross and XC MTB was established at Centennial Park to host the event, which will then be a valued resource to any local aspiring future champions.

Find out more

TOP CYCLIST ACADEMY

We are proud to be supporting Top Cyclist Academy, The Rapha Foundation’s newest grantee, whose mission is to develop young cyclists to compete at the highest level of the sport. Their qualified coaches have developed an off-road programme to help students develop the physical strength and technical skills required to be a professional cyclist in a fun and safe environment.

Find out more

RIDE NATION

The organisation’s school programs break down barriers to provide cycle training to underserved students. The funding, provided by the Rapha Foundation, will enable the charity to implement 30 donated bike libraries giving young people much-needed access to bicycles.

Find out more

NICA

NICA builds strong minds, bodies and communities through cycling. With support from Rapha in 2019, the association’s GRiT (Girls Riding Together) program has accomplished an incredible amount to engage women in cycling with 52 coordinators in 31 leagues around the country supported by Libba Moravac, their full-time GRiT Program Manager.

Find out more

MAJOR TAYLOR PROJECT

Founded upon the idea that our lives and communities can be made better by cycling, Cascade is the largest cycling organisation in Washington state. Named after Marshall Taylor, the first African-American to win a world title, the club’s internationally-renowned Major Taylor Project improves access of minority ethnic communities to cycling resources.

Find out more

CYCLE KIDS, INC.

Serving schools in over seven states, CYCLE Kids helps children gain confidence, strengthen their academic focus and develop a passion for cycling. In the past 16 years, the programme has reached over 30,000 children, many in underrepresented, vulnerable, and racially diverse communities.

Find out more

DETROIT FITNESS FOUNDATION

Open on all but three days of the year, DFF provides free cycling facilities and programs to under-served communities in Detroit. The organisation's summer camps at the city’s Lexus velodrome – one of only two such facilities in the US – have enrolled over 500 children, with some progressing DFF’s Elite Junior Team, and competing at the 2019 Junior National Championships.

Find out more

HOT TUBES

A development team with a difference, Hot Tubes has helped 120 young, elite-level athletes develop since 1991. Over twenty alumni have competed professionally but the programme is about more than racing bikes, with equal focus on the key elements of character that underpin personal and athletic success.

Find out more

HELEN100

The Helen100 foundation was created to provide opportunities for young women in cyclocross. In 2019, Helen Wyman appealed to young riders, teams, coaches and parents to come together on social media and together they removed a financial barrier that had kept 140 young riders from racing.

Find out more

RAYNER FOUNDATION

Formerly known as the Dave Rayner Fund, this foundation was set up in 1995 to support young cyclists at the beginning of their careers. Former beneficiaires include many of Britain’s best-known cyclists such as Adam Yates, Tao Geoghegan Hart, Hannah Barnes and Dan Mclay.

Find out more

THE CYCLISTS' ALLIANCE

Established by former pro cyclists Iris Slappendel, Carmen Small and Gracie Elvin to protect the interests of female professionals, the Cyclists’ Alliance is based in the Netherlands and lobbies for fairness and equality in the sport as well as better support for riders once they finish their careers.

Find out more

HERNE HILL VELODROME TRUST

South London’s historic Herne Hill Velodrome has served the local community since 1891 and featured as a venue in the 1948 Olympic Games. This trust is the charity that manages the running of a site that hosts countless off-road and track events every year for thousands of local cyclists.

Find out more

MUDFUND AT USA CYCLING FOUNDATION

The USA Cycling Foundation’s mission is to assist USA Cycling in its efforts to create and implement consistent, sustained development programs for young American bike racers. The MudFund specifically supports cyclocross programming and was the dedicated fund for the grant.

Find out more

STAR TRACK

Since 2004, the Star Track has aspired to improve the lives of New York City children by introducing them to the joys and benefits of track cycling. Most of Star Track participants come from the Outer Boroughs of New York and under-resourced areas of Queens and Brooklyn.

Find out more

AMY D FOUNDATION

The Amy D. Foundation encourages and supports young women in cycling by inspiring the celebration of healthy challenges and empowering the confident pursuit of lofty dreams. Founded in 2003, the programming works to build participation, opportunity, and equality in the sport.

Find out more

BOULDER JUNIOR CYCLING

The Boulder Junior Cycling (BJC) is a year-round youth cycling program in Boulder, Colorado. Their mission is to develop, coach and inspire junior cyclists aged 8-18 in a range of disciplines. Founded in 2006, BJC has grown into one of the largest and most successful junior cycling teams in the country.

Find out more

BRITISH CYCLING CITY ACADEMIES

British Cycling is striving to sustainably change the face of the sport and make cycling more accessible through their new City Academy Hubs. The Rapha Foundation is supporting the three-year pilot project that works to increase participation in under-represented groups and communities in the sport, bringing in-person cycling inspiration and motivation to the heart of communities.

Find out more

ABOUT THE RAPHA FOUNDATION

Rapha was established in 2004 to celebrate and promote cycling. Initially we did this by producing high quality road cycling clothing showcased in inspiring photography and stories. Since then, the company has expanded into many more product categories and established a thriving global community of cyclists. Rapha is fiercely ambitious about cycling, and we strive to see it become the most popular sport in the world.

At the start of 2018, Rapha published the Roadmap following a two-year research project that investigated how the 'shop window' of cycling – that is, the professional sport – could be made more exciting and more valuable. The recommendations in the Roadmap guide all of Rapha's investments, starting with a new approach to team sponsorship and leading to the launch of our charitable foundation focused on the grassroots of the sport.

MORE INFORMATION ON FUNDING


We fund

 

Mission-aligned institutions – Applicants must be able to demonstrate their alignment with the mission and vision of the Rapha Foundation, as well as their broader commitment to advancing cycling within their work.

 

Registered charities –US-based applicants must be Section 501(c)(3) public charities. Non-US organizations may apply as a project of a US-based fiscal sponsor that is a 501(c)(3) public charity, or a non-US organization that is the equivalent of a US 501(c)(3) public charity.

We do not fund

 

Individuals – The foundation is unable to make grants directly to individuals.

Unsolicited proposals - Staff strive to identify mission-aligned organizations, and thus do not accept unsolicited proposals. However, if you would like to nominate an organization you believe is a fit or if you are an organization that would like to get on our radar and have mission alignment, please complete the following form.

Where we fund


Acknowledging the global footprint of cycling, the Rapha Foundation will support eligible charitable organizations based in and supporting communities in Asia/Pacific, the European Union, the United Kingdom and the United States.

How to apply


The Rapha Foundation does not accept unsolicited proposals. Staff strive to identify mission-aligned organizations, and thus do not accept unsolicited proposals.

However, if you would like to nominate an organization you believe is a fit or if you are an organization that would like to get on our radar and have mission alignment, please complete this form.

Invited applicants will be asked to submit a proposal for funding of up to three years, with a maximum total request of $150,000.

Legal overview


The Rapha Foundation is a donor advised fund at an independent US-based charitable organization. All grants are subject to the organization’s grantmaking guidelines and US rules and regulations for charitable donations (which apply to both domestic and international organizations.

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる