Close

アウトスカーツ Ⅲ シャドー・オブ・イースト

ヨーロッパ南東部と同義語で使われるバルカン地域。遠くこの地に2人の兄弟は集まり、イスタンブールへの1600kmの旅に出ました。

17 May 2019

アウトスカーツは、自転車に乗ることについて改めて見つめ直し、その起源を探る映像シリーズです。世界中に点在するアイコニックで美しい道々を走りながら、アウトスカーツだけの旅を記録していきます。終着地点が目的ではなく、そこへ辿り着く旅路を描く旅。結果ではなく、走ることの喜び。遠くから眺めて固定概念を認めることよりも、先入観にとらわれずに挑戦して走り続けます。

シリーズ3作目『シャドー・オブ・イースト』では、アンガス、ラクランのモートン兄弟が結集し、ヨーロッパ南東部に広がる険しいバルカン半島を旅しました。この地が見てきた紛争の歴史を表すかのように荒れ果てたこの場所は、これまで一部の大胆な旅人を除いて、多くの訪問者を拒んできました。アルバニアに広がるプロクレティエ山地の美しさや、イスタンブール市街まで、兄弟はヨーロッパの僻地と揶揄されるこの場所の別の一面を目にしたのです。



サイクリストの紹介 »


これまでのアウトスカーツをチェック カナダのトランス=ラブラドール・ハイウェイを走るガスとその仲間たち

アウトスカーツ(Outskirts)II:ザ ビッグランド

『アウトスカーツ(Outskirts)』:ルート66

ニュースレターに登録されますと、ラファのウェブサイト利用規約に同意し、またクッキーの使用についてを含むプライバシーポリシーをお読みの上、同意したものとみなします。

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる