Close

ラファの春ライドに向けたコーディネートガイド

このガイドでは、この季節にもライドを変わらず楽しむコツと、どんなアイテムをどう着るとよいのかをご紹介します。

06 September 2017

春は前を見据える季節 今年のライド目標が明確になり始め、待ちきれないレースシーズンが始まります。日照時間は伸びてくるものの、天候状況は予想もつかないままなのも、この季節の特徴です。このガイドでは、この季節にもライドを変わらず楽しむコツと、どんなアイテムをどう着るとよいのかをご紹介します。

春のウェア

春の兆しが現れはじめると、毎朝ライドへの衝動がムクムクと沸いてくるものです。頭の先から爪先まで、春のライドにお勧めしたいウェアを選りすぐってご紹介しましょう。

キャップがないとはじまらない

サイクリングのワードローブにおけるスイス製十徳ナイフがキャップです。体温調節や強い日差しと雨からのプロテクションに一役買ってくれます。ラファのキャップはあなたのライドを支えるために、様々な素材とデザインからなる豊富なラインナップが揃っています。

ヘッドウェアを購入する

身軽になろう

太陽が顔をのぞかせた時のために、冬用ではなく比較的軽量なジャージ(半袖)を着て、変わりやすい天候に対応できるようにしましょう。アームウォーマーとパッカブルのジレ(ベスト)を合わせておけば、寒いスタートもこなせます。

アクセサリーを見る »

動きを可視化する

ライド中に動きのある体のパーツにハイビズをつけることで、目につきやすくなり、薄暗い状況でもライダーの安全に寄与します。目立つカラーか反射素材のシューズあるいはソックスを着て、ペダリング時の被視認性を最大限に。

ソックスとオーバーシューズを購入する

重ね着

薄手のウェアを何枚も重ねて着る方が、厚手のウェアを数枚着るだけよりも体温調整がしやすくなります。寒い時には暖かな空気で体を包み、ライドの強度が上がった時には汗を外へ逃がしてくれる高品質なベースレイヤーを一枚目に。

ベースレイヤーを見る »

春のライドにおける大原則

春は天候が変わりやすい季節であり、楽しいライドにはしっかりとした準備と、少しのノウハウが必要です。今シーズンの準備を万端にするガイドを読む »

ライドのコツ

天候が良くなくても、それはライドに行かない理由にはなりません。

重ね着が春ライドを快適にするカギ。寒い日にはベースレイヤーを2枚重ね着して保温力を向上することもできます。

着たり脱いだりは早め早めに。寒いと感じる前にもう1枚を着て、暑いと感じる前に脱ぐこと。

まだ日の短い春のロングライドやパンクに備えて、いつでもライトをポケットに入れておくか、バイクに装着しておきましょう。

足先を風で冷やさないようにオーバーソックスを履いておきましょう。またシューズとソックスを汚れから守ってくれます。

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる