Close

土と共にある人生

レース人生から抜け出し、森の中で自分の道を切り開くスタッフォードシャー出身のスタイリッシュなライダー、ルーク・クライヤーをご紹介します。

21 October 2022

ルーク・クライヤーが土にまみれていない瞬間は稀です。彼の顔、ブロンドのモップのような髪、痩せた身体は土埃に覆われています。それが彼の風貌によく似合い、時代を超越した大地の輝きを彼に与えています。ストーン出身のライダーということが彼の個性に滲み出ているのです。彼の人生は、土を掘ったり、その上を走ったり、土を中心に回っています。

土掘人としてのルークの仕事は、高さのあるパンプトラックを作ったり、急勾配を削ってバンクを作ったり、木々の間を畝るように走るクラシックフリーライドのコースを作ったり。彼はBMXのスキルを基礎に持つ、熱心なライダーです。彼はレーサーでもあります。彼の車のバックミラーにはいくつかの4X 世界選手権のメダルがぶら下がっており、それが彼のレーストラックでの速さを証明しています。かつてのルークは、自身の成功を結果シートの順位で測っていました。しかしその後、彼の成功の定義は変わっていきました。

『年月を経て、成功の意味合いが変わってきました。様々なものがありました。レースで勝利したり、表彰台に上ることだったこともありますが、今は、完全にそれとは対照的なものとなりました。成功とは、ただハッピーに感じることをやる。というだけのことです。心から幸せを感じることをしているときは、伸び伸びとしていて、カッとなることがない。それが成功なのです』

ルークは精神的な健康のために物質的な伝統的概念を意図的に選択しないようにしている。と感じる人もいるかもしれません。パンプトラックの事故で外傷性脳損傷を負ったクライヤーにとって、回復までの道のりはとても長いものでした。そして彼のライドへの復帰もゆっくりとしたものでした。彼は多くの時間を森の奥深くで過ごし、トレイルを掘りながら、再びライドができることを夢見ていました。それは、何ヶ月もかけて彼が作り上げてきたセクションの完成と共にやってきました。

『本当に落ち込んでいて、惨めでした。脳を怪我した直後で、バイクに乗ることができずにいました。雨の中、雪の中、土を掘り続けました。「仕事を終わらせるためだけに仕事をしていました」 でもそれからしばらくして、全てが上手くいくようになり、その全てが報われたのです。本当に魔法のようでした』

魔法は単なる報酬ではありません。それがプロセスなのです。そしてそれがマウンテンバイカーを繋ぐものとなりました。パーフェクトなラインを作ったり、地元のトレイルを整備したりすることは、ただライドをすること以上のものを得ることができます。掘り続けましょう。

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる