Close

観客を魅了し、選手たちを鼓舞するために、標高のある峠やスパイスの効いたスプリントをバランスよく組み合わせることは至難の業です。世界最大のロードレース開幕前日。『ドッピオ』第2弾はツールの21ステージをプレビューします。

千里の道も一歩から。パリにあるASOの社内には、1年を通してツールのコース作りに没頭している部署があります。ツールのコースを完成させるのは至難の業です。コース設計者は山岳と平地をバランスよく組み合わせ、なおかつ選手がほとんど姿を消してしまうような極端に厳しいものにならないように気を配りながら、フランス全土をつなぐルートを描き出すのです。

フランス各地に散らばる風光明媚で興味深い名所をつなぐためには、長い移動が欠かせませんが、長すぎる移動は選手のリカバリー時間を削ぐことになります。山頂フィニッシュは観るものを魅了しますが、雪の残る峠道は時に厳しすぎる場合があります。レース運営はまるで綱渡りのようです。世界最大のロードレースを統括するこの責任重大な任務を担うのは、ティエリー・グヴノー率いる元プロ選手のチームです。彼らの最新作を見てみましょう。

01.

ブリュッセル王宮〜ブリュッセル・アトミウム

7月6日(土)194.5km

 

5回総合優勝を飾ったエディ・メルクスに敬意を表し、ツールはブリュッセルで開幕。フランドルらしい石畳坂が2つ登場しますが、選手たちにとって大きな問題にはならないはずです。最後は集団が一塊りとなって、最初のマイヨジョーヌ着用者を決めるためのスプリント体制に入ります。

02.

ブリュッセル王宮〜ブリュッセル・アトミウム

7月7日(日)27.6km(チームTT)

 

この早いタイミングでのチームタイムトライアルがマイヨジョーヌ候補たちの明暗を分けます。グランツールの中で最も斬新なステージであるTTTが、各チームの力をそのままタイムに投影します。チームの成績に反映されるのは4番目にフィニッシュした選手のタイム。ここで総合の望みを失ってしまうチームが出てこないか、注目です。

03.

バンシュ〜エペルネ

7月8日(月)215km

さようならベルギー。こんにちはフランス。再びスプリンター向きのステージの登場です。ですが終盤にかけてコースはアップダウンを繰り返すので、単純なスプリントステージにはならないでしょう。この地域特産のシャンパンのコルクように、勢いよく飛び出す選手がステージ優勝を飾るかもしれません。

04.

ランス〜ナンシー

7月9日(火)213.5km

グランツールに出場する選手たちが、グランツールの仕来たりに慣れる頃です。昨日と距離もほぼ一緒。同じスプリンターがステージ優勝する可能性もあります。1日の最後に表彰台で水玉ジャージを受け取るために、躍起になって逃げる選手たちにも注目です。

05.

サン・ディエ・デ・ヴォージュ〜コルマール

7月10日(水)175.5km

ヴォージュ山脈に突入。フランス第5の、最も知られていない山岳です。ここまで、線路をまたぐ陸橋のような登りがカテゴリー山岳に設定されていましたが、この日は違います。ドイツ語っぽい名前の山岳が4つ登場します。ここで山岳ポイント量産の旅に出る選手がマイヨジョーヌに袖を通すことになるかもしれません。

06.

ミュールーズ〜ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ

7月11日(木)160.5km

大会最初の山頂フィニッシュ。熱い総合争いに注目のステージです。全ての目線がラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユに注がれます。直訳すると『美しい女の子』ですが、実際は一帯に茂る白樺の木に由来する名前のラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ。ここで勝つのは果たして誰でしょうか?

07.

ベルフォール〜シャロン・シュル・ソーヌ

7月12日(金)230km

大会最初の山岳決戦を終えた一行は、この先に待つもっと厳しい山岳に思いを巡らせながらヴォージュ山脈を脱出。ソーヌ川が作り出した平野部を目指します。残り40kmを切ってから登場するスプリントポイントでは、ペテル・サガンをはじめとするマイヨヴェール候補たちが動くかもしれません。

08.

マコン〜サン・テティエンヌ

7月13日(土)200km

こういった鋸のようなアップダウンコースを見ると、期待に胸を膨らますレースディレクターの顔が思い浮かびます。連続するカテゴリー山岳と、カテゴリーの付いていない山岳が連続。生粋の逃げのスペシャリスト向きのステージですが、総合が大きく動くことも考えられます。

09.

サン・テティエンヌ〜ブリウド

7月14日(日)170.5km

この日もアップダウンが続きますが前日ほどではありません。第9ステージは登りを得意とするスプリンター向き。登りが不得意なスプリンターをふるい落すような動きが見られるはずです。近年マイヨヴェールを独占している彼に向いたステージ。そう、まさに『ペテルサガンステージ』です。

10.

サン・フルール〜アルビ

7月15日(月)217.5km

10日間にわたって走り続けた選手たちは、アルビのフィニッシュラインが早くやってくることを願っているはず。とは言えこのステージもトリッキーで、前半は標高1,000mほどの峠道が続きます。単独逃げ、もしくは登りで生き残ったスプリンターの勝負に持ち込まれるでしょう。

11.

アルビ〜トゥールーズ

7月17日(水)167km

休息日明けのこの日、選手たちがレーススピードに慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。勇敢な選手たちが序盤から逃げることが予想されますが、まだまだフルメンバーを揃えているスプリンターチームが全力で大集団スプリントに持ち込むはずです。

12.

トゥールーズ〜バニェール・ド・ビゴール

7月18日(木)209.5km

昨日のステージ後半で、すでにその稜線を目にした選手たちもいるはず。この日、その姿はくっきりと見えることになります。ツールはピレネー山脈へと入っていきます。2つの伝統的な峠道を越え、光のような速さでフィニッシュまでダウンヒル。リッチー・ポートが落車しませんように!

13.

ポー〜ポー

7月19日(金)27.2km(個人TT)

今年のツールの特徴は個人タイムトライアルの距離が短いこと。それだけにこのステージで生まれるタイム差は貴重です。仮にトーマスやポートが山岳ステージで精彩を欠いている場合、彼らがタイムを挽回するのはこの日しかありません。逆に、ロマン・バルデやティボー・ピノは、地元フランスのファンをがっかりさせないような走りが求められます。

14.

タルブ〜トゥールマレー・バレージュ

7月20日(土)117.5km

ツールの黎明期に登場した2つの峠が登場。100%ピレネーらしいステージです。山頂フィニッシュとしての登場が3回目という数字は正確ですが、もはや正確な数字がわからなくなっているほど、ツールはこれまで何度もトゥールマレー峠を通過しています。トゥールマレーを制した選手に5000ユーロが用意されていることをチームの監督たちに教えてあげないと。

15.

アンブラン〜ヴァロワール

7月21日(日)185km

リムーから西に向かうこの日、登場する3つの峠は前哨戦ツール・ドクシタニーからの借り物です。フォアの街からさらに登る山頂フィニッシュには、スペインから多くのファンが駆けつけるはず。そうなればスペイン人選手の活躍に期待?

16.

ニーム〜ニーム

7月23日(火)177km

ローマ時代の遺跡が点在する地域を走るだけに、グラディエーターのような筋肉隆々のスプリンターたちがステージ優勝を争うことになるでしょう。空気力学的に優れた形状の鼻の持ち主エリア・ヴィヴィアーニが、その特性を勝利に結びるけるかもしれません。

17.

ポン・デュ・ガール〜ギャップ

7月24日(水)200km

ツールがアルプス山脈に到着。選手たちは残り10km地点でサンティネル峠を越えます。この最後の難所を乗り越えなければ栄光をつかめません。ハイスピードダウンヒルをこなした先に待つのはツール定番の街ギャップです。

18.

アンブラン〜ヴァロワール

7月25日(木)200km

コンパクトクランク登場以前、メカニックが厳しい山岳に備えてトリプルチェーンセットを用意していた時代もありました。この日はイゾアール峠とガリビエ峠が登場します。サイクリングに興味がない人でも、美しい山岳風景にうっとりとするはず。もちろん、その中を駆けるサイクリングはもっと素晴らしいのですが。

19.

サン・ジャン・ド・モーリエンヌ〜ティニュ

7月26日(金)126.5km

短めの山岳ステージというトレンドをツールは継承。ティニュにフィニッシュするステージの全長は126.5kmです。「アンリ・デグランジュ記念賞」が設定されたイズラン峠に向かって、最初の89kmはひたすら登り基調。この標高2,770mの峠を先頭で越えた選手がティニュまで逃げ切ることはできるでしょうか?

20.

アルベールヴィル〜バル・トランス

7月27日(土)130km

エタップ・デュ・ツールを走ったサイクリストにとって、この日はスタートからフィニッシュまで目が離せません。前週に行われたエタップと同じコースを走る第20ステージは、プロ選手にとっては短めですが、獲得標高差は4,000mオーバー。総合争いに激震が走るかもしれません。

21.

ランブイエ〜パリ・シャンゼリゼ

7月28日(日)128km

いよいよ最終章。シャンゼリゼ周回を8周して、最後はスプリントで締めくくられます。慣習に従って、ステージの前半はひたすら完走間近の選手たちによる労いのパレード走行。特別に用意された赤い水玉のペダルや真っ白なビブショーツ、そして最後のスプリントに注目です。

Rapha Doppio

ニュースレターに登録されますと、ラファのウェブサイト利用規約に同意し、またクッキーの使用についてを含むプライバシーポリシーをお読みの上、同意したものとみなします。

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる