Close
Ana Orenz in the Hospital

ディセント - アナ・オレンツ

2021年に死と紙一重だった落車事故に遭い、寝たきりで歩けなくなったアナ・オレンツは、わずか1年で彼女が瀕死の負傷を負ったレースに復帰するという目標を定めたのでした。

23 December 2022

この世で最悪な感覚の1つは、愛する人からの電話を受けたときに、受話器から誰か他の人の声が聞こえてくることです。8月に友人のアナからのテキストメッセージが届いたのを見ました。私が知る限り、彼女は今スペインでレースをしているはずです。そのメッセージには、「Hi, エミリー、僕はトランシベリカのデイビッドで、アナの友人です」。そしてそのメッセージの続きを読むまでもなく、何かとてつもなく嫌な予感がしたのです。

そのニュースは予想ほど酷くはなくとも、ほぼ予感通りのものでした。アナが酷い落車をし、発見されるまで2時間も路上に横たわっていたというのです。彼女は脚を動かすことができず、パンプローマの病院に入院していました。オンラインで彼女と話をしたとき、彼女の顔はほぼ全体が包帯で覆われ、歯が抜け、鼻は血の跡で真っ黒でした。
 

事故のニュースが届いた後、私は共通の友人に連絡をし、悲しみと怒りの波が次々と押し寄せる中、「なぜアナなの。アナ以外の誰かであってほしい」と考えながら家の周りに座って泣いていました。

この事故には特別な残酷さがありました。アナは私の知る限り、彼女の世代で最も才能のあるサイクリストの1人であるということだけではありません。水を得た魚のように長距離を乗る彼女。自転車を通して仲間と自分の世界を見つけ、今いる場所にたどり着くために懸命に努力してきた彼女。頼りにできるものもほとんどなかった彼女。それが全て奪われたのです。

ラファ コネクト トゥ カントリー コレクション

私がアナと初めて出会ったのは2017年の1月、彼女が奨学金を得てトレーニングのためにジローナに到着したときでした。彼女の申込書によると、彼女はシングルマザーで、サイクリングを始めてまだ1年も経っていませんでした。彼女と彼女の9歳の娘のルビーは、サンティアゴへの巡礼者の道を自転車で辿るためにリスボンで中古の自転車を購入したのがきっかけだったそうです。送ってくれた写真には、薄汚れたジーンズとハイキングブーツに身を包んだ彼女が扱いにくそうなママチャリと一緒に映っていました。

彼女はボーイフレンドと一緒に翌年の夏のトランスアトランティックウェイ レースに申し込んだと言っていました。かなり無謀だと思いましたが、彼女の熱意と、競走馬の調教助手としての仕事にまつわるかなりエッジの効いたストーリー、彼女が「遅刻ママのタイムトライアル」と呼ぶ、ルビーの学校のお迎え時間に間に合わせるための最後のスプリントに魅了されました。

初日に彼女と共にライドに出かけ、30分後、最初の長い登りを攻める頃には、ペースも落ちていなければ、彼女の絶え間ないお喋りも止んでいないことに気がついたのです。実際、私にはそれがありがたかったのです。私は荒い息を隠しながら登り続け、バイクと馬とボーイフレンドと娘、家族のことや彼女の頭をよぎるあらゆることについての終わりない話に奇妙な唸り声で相槌を打つことしかできなかったからです。彼女がありったけのお金を注ぎ込んでここまで来ていることを知っていたため、ベサルーでコーヒー休憩をしたときには私が支払いをしました。彼女はアイルランドの道で会ったときにお金を返すと言ってくれましたが、結局それは、翌秋に私が彼女の最寄りの街、チェルトナムを通ることをツイッターで見た彼女が、今こそあの時のコーヒーのお返しに自分がコーヒーをご馳走する番だと会いにきてくれて実現したのでした。

この時点でアイリッシュレースへの挑戦は過去のものとなっていました。アキル島を走ったときに撮った写真をアナに見せました。カメラに向かって2人で笑っている写真、風が吹き荒ぶ中、再開の喜びに溢れた私たち、不条理なほどの強風の中を走っている写真など。アナのボーイフレンドのアレックスは、私たちの遥か後方を走っていましたが、このとき既に数日後に失格となってしまう原因となる怪我に苦しんでいたのです。アナは1人で完走しました。彼女は正式に1位となった女性よりも先にフィニッシュしていました。翌年出場したレーサーたちは、地元の人たちが未だに彼女の話をしていると報告していたくらいです。

この話は、アナの決意と生まれながらの運動能力の見事な証であると同時に、彼女独特の好感度が伝わってくるエピソードです。自身を反社会的な変人と誇らしげに言うような人や、人生の大部分を自転車で1人で過ごすような人たちと友情を築き、維持する並外れた能力を彼女は持っています。トランスアトランティックウェイの後ほどなくしてアレックスと彼女は別れましたが、その後も仲良くしており、彼女が自転車に乗り始めた1年目を思い出し、彼女の無邪気さと頑固さが時折衝突していたことを笑っていました。

Ana Orenz Rides

彼女はスチールフレームのクロワドフェールでトレーニングを始めました。その重さはおよそ12kgほどだったに違いありません。「アナにとっては大したことではないかもしれませんが!」 カーボン製のロードバイクにするために、彼女はその費用を捻出するために多くの馬具を売りました。彼女とルビーはよく負傷した競走馬を家に連れ帰り、リハビリを行っていましたが、最後に面倒を見ていた馬は非常に厳しい状態になりました。

 

「その馬を助けたかったのですが、できませんでした。そして遂に亡くなったとき、もうこれで終わりにしよう。もうこんなことをしたくはない。と思ったのです」

彼らのポルトガル巡礼は、アナが自分の人生を繋げる何か新しいものを探していた時期に訪れました。それがサイクリングに繋がる必然だったのかもしれません。彼女はすぐに友人を見つけ、ノース コッツウォルズ サイクリング クラブのライドに参加し、サイレンセスターでインディペンデント バイクワークスを経営するジム・バーソロミューの元へと導かれたのです。ジムは最終的に彼女のスポンサーとなり、バイクや装備をアナに提供しました。彼は、彼女がレースで数々の輝かしい勝利を収める前に判断したことだと強調します。

ジムとアレックスは、トランスアトランティックウェイ レースの後、ナショナル ヒルクライム選手権で堂々16位になり、2018年のレース アクロス フランスでは初の女性としてフィニッシュするなど、アナがますます真剣になっていくのを見守っていました。ジムは彼女がトレーニングのことしか話していなかったのを覚えています。そしてアレックスは、初期に彼女が誓った、フラットペダル(彼女は「閉所恐怖症のペダル」と呼んでいました)を決して使用しない、屋内でトレーニングしない、ジムに行くことは決してないというのを撤回したことを愛情を込めて思い出します。彼らと話していると、私はアナに対して申し訳ないことをしていたことに気がつきました。私はいつも誇らしげに、彼女は私が今まで見た中で最も才能のあるライダーの1人であることを人々に伝えてきましたが、この賞賛は、彼女が強さやフィットネス、食事やトレーニング、ライフスタイルの全てを最適化するために費やした膨大な量の努力を蔑ろにしてしまっていたのです。彼女はルビーとの快適な生活の構築と維持を優先させるために、サイクリングとお金を稼ぐことのバランスを取り、多くの人よりもはるかに少ない賃金で働いていました。

Ana Orenz Rides

2人は2019年の後半にスペイン北部に移住し、パンデミックが襲いかかったときにはまだ現地での生活に慣れていませんでした。2年後、トランシベリカの最初の夜に起こった落車によって「ルビーと私の膨大な努力が破壊されてしまった」のです。

アナは参加したほぼすべてのレースで優勝していたにもかかわらず、ウルトラレースのスーパースターの1人と見なされたことはありませんでした。彼女は忙しすぎてその恩恵を受けることができなかったようで、後からついてくる称賛よりも、ライドそのものにより大きな関心を持っていました。2019年、パリ〜ブレスト〜パリを完走した初の女性になった直後(PBPでは彼女をフィオナ・コルビンガーだと思っていた人もいました)、彼女は同じレースを2回走ろうとは思わない。既知の道を再訪するよりも新しい道を探索する方がいいわ。と、私に言いました。

 

「トランシベリカの最初の夜に起こった落車によって、ルビーと私の膨大な努力が破壊されてしまったの」

自転車界での彼女の5年間の影響が表に現れ始めたのは、恐ろしい事故後の余波でアナが病院のベッドで無力に横たわっていたときでした。長期間にわたる回復期間中の彼女とルビーをサポートするためのクラウドファンディングが立ち上がり、レース中のアナの優しさを思い出したり、自転車で長い夜を過ごした彼女の絶え間ないおしゃべりに助けられたりした人々から50,000ユーロ(約700万円)以上の寄付が殺到したのです。人々は、サイクリングの旅についてのアドバイスや、ブルベの前夜にベッドを提供してくれた彼女に感謝しました。2020年にあなが勝利を収めたイタリアの1000kmレース、「ザ ツー ボルカノ スプリント」は、彼女の歯や歯茎、顎の再建治療の費用を支払うために、参加費の一部を寄付しました。事故の1ヶ月後、私がスペインで彼女を訪ねたとき、彼女はまだ入院していましたが、彼女の幅広いスペイン人の友人ネットワークの1人が私をサンタンデールの近くに連れて行ってくれました。ルビーは、彼女たちの家の近く、ミオニョの地元の家族の元で過ごしていました。

アナはしょっちゅう私に、彼女がなんとか立ち上がり、自分の人生の手綱を握り、人生を歩み続けられているのはこれら全ての人々のおかげだと言っています。クラウドファンディングで集められた資金のおかげで、彼女は回復のために仕事を休むことができ、彼女とルビーが見つけてとても喜んでいた小さな屋根裏部屋を失うことはありませんでした。そして彼女は顔の再建やリハビリに必要だった莫大な治療費も払うことができたのです。彼女の神経内科医は、彼女に一生治療を続けることが必要だと告げています。

病院のベッドからの最初の悲痛な電話から数日後、アナは涙を流しながらまた私に電話をかけてきました。

Ana Orenz in the Hospital

「足を動かせたわ!」 と彼女はすすり泣き、続けて私も泣き崩れました。事故以来、反応がなかった彼女の腕と脚も生き返り始めていました。そして私がサンタンデールの彼女の病室のドアを開けたとき、彼女は私に向かってニヤリと笑い、震えながらもベッドから立ち上がり、私に向かってよろめいてきました。彼女は進歩を看護士たちから隠し、秘密裏に練習していたのでした。私が去る前日、医師はすぐに家に帰ることができるようになるだろうと彼女に言いました。

アナの回復は目覚ましいものでしたが、奇跡的なものではありませんでした。彼女は麻痺を免れ、数ヶ月以内に再び自転車に乗れるようにはなりましたが、彼女の身体は以前と同じではありませんし、そうなることはありません。彼女はまだ手足とバランス感覚に問題があり、彼女の言葉で「まるで操り人形のよう」に歩いています。彼女のトレードマークであるユーモアとおしゃべりは、長い月日の間で増減していました。彼女は理想的な患者とはほど遠いものでした。私は、怒りや抑うつの発作、ルビーとの激しい口論、そして彼女の世話をした看護師に対する非難を目の当たりにしました。

私の安堵、そしておそらく他のみんなの安堵となることに、彼女は何とかサイクリングを続けており、事故の翌年にはグランガンチェに(ゆっくりと)乗り、スペインの24時間タイムトライアル選手権初の女性となり、 トランシベリカでの別のチャレンジに挑みました。彼女のことを心配しないわけにはいきませんが、彼女がまだ病院のベッドに横たわっているなら、私はもっと心配すると思います。

「サイクリングは人生に動きをもたらします」とアナは言います。「考えと脳を動かし、物事を起こすのです。脊椎損傷を通して、もし自分が動けなかったら苦しむということがわかったので、幸せを感じ、スムーズに感じることにはそれが必要なのです。停滞は、身体にも心にも不健康なことだと思います」。

友人の身体がレース中に身体が投げ出され、ライド中の楽しさの中にある苦悩とは全く異なる、終わりの見えない入院生活の苦痛との大きなギャップを見ることは苦難でした。

アナは、「私は自分がやっていることをとても楽しんでいます」と、言います。「トレーニングやエンドルフィン、どんな些細なことも全て。自分に罰を課していることはありません」 私は自分を罰するために自転車を使う人では決してありません。もちろん、『困難な』ことは出てきます。ですが、それは私が自分自身を苦しめているのではなく、単にそれが出てくることを許しているのです。全ての自分自身の層を掘り下げていき、一番底に辿り着いたとき、それが本当の私ですから。それが本当の私自身なんです」。

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる