Close

ラファ インパクト コミットメント - 目標と行動

サイクリングを世界で最もポピュラーなスポーツにすること。それがラファの理念です。ラファがデザインするウェアから、敬愛するコミュニティに伝えるストーリーに至るまで、私たちの行動の真ん中には常にこのスポーツへの真っ直ぐな深い愛情があります。インスピレーションの源流となっているのは、自転車に乗るシンプルな喜びや、そこで出会うことの出来る風景、自転車競技がもたらす興奮、自転車を通して出会う人々です。

世界中でこれまで以上にサイクリングの役割が重要視されている現状に私たちは突き動かされています。サイクリングには人々の生活を変える力があるだけでなく、気候変動に立ち向かうにあたって重要な役割を担います。私たちが直面する環境問題や社会的な問題に対して、長年にわたって様々な対策が講じられてきました。そして今、それらの問題に取り組むために、私たちラファはビジネスモデルを見直し、より一層の努力を続けていきます。

サイクリングは善に繋がる根本的な力を持つものです。そのため、自転車業界は環境への影響を最小限に抑え込む努力を行わなければなりません。気候変動に立ち向かう社会の中で、サイクリングはスポーツの枠にとどまりません。サイクリングは、クリーンかつ効率的な移動手段として、世界中で数え切れないほどの人々の足元を支えています。それだけでなく、人々の人生を良い方向に変える力があると信じています。

ここ数年間にわたって、私たちはデザインとクオリティの高いスタンダードを維持しながら、ビジネスに変化をもたらすことに力を注いできました。これまでラファはリペアサービスを通して34,000を超えるアイテムに修理を施し、新しい役目を与えてきました。そして近年、いくつかのアイテムにリサイクル素材を投入。今後、リサイクル素材を多くのアイテムに採用していく予定です。ペダルを踏む力の底力を知る私たちは、ここで立ち止まるわけにはいきません。対外的にも内部的にも、この自転車業界をよりサステナブルなものにしていくために、努力すべき点は多く残されています。その目標に向かって、私たちは以下のコミットメントを押し進めます。私たちが走るコミュニティに良い影響を与え、私たちが住む世界をより良いものにするためのコミットメントです。

コミュニティ

1. 私たちは世界中の多様性に富んだサイクリングコミュニティを資金的に支援し、発展させ、紹介することを約束します。

 

2021年以降、ラファ ファウンデーションの年間支援金150万ドルのうち、60%以上の額をBAME(黒人、アジア人および少数民族)ならびに女性にフォーカスしたプログラムや活動に充てます。これまで注目されてこなかったコミュニティに属する次世代のライダーやレーサーを鼓舞し、力を与え、サポートすることが、このスポーツにより良い未来をもたらすと信じています。

さらに、エリートスポーツに多様性と包括性、平等性をもたらすために、アスリートを対象にしたスポンサーシップの50%以上をBAMEとLGBTQ+のサイクリスト、女性チームと女性ライダーに充てます。

2. 私たちはラファ社内と提携会社のスタッフの健康を重視し、長期的な人材育成に取り組むことを約束します。

 

スタッフの健康促進と人材育成を進めるにあたり、職場環境に関する多様性と包括性、平等性の達成に向けての進捗のクライテリア(基準)を2021年に発表していきます。

私たちの製品が透明性を持って公開可能なフォーマットで製造されている過程を公開していきます。私たちの提携会社の内部に入り、製造プロセスに携わる人々を紹介します。今年はコード・オブ・コンダクトとサプライヤーリストを公開予定です。

気候と循環

3. サステナブル・アパレル・コーリション(国際サステナビリティ団体)の一員として、私たちは2030年までに総排出量を45%削減することを約束します。

 

ラファの献身を示すために、2022年に独自のNet-Zero目標を公開するとともに、2025年に企業レベルでカーボンニュートラルステータスを達成するという暫定的な目標を立てることを約束します。

2025年までに、私たちはすべてのクラブハウスとオフィスで使用するエネルギーを100%再生可能なエネルギーに移行していきます。

2021年から、私たちは標準配送方法にカーボンニュートラル配送を追加します。

4. 製品そのものと製造工程による環境への影響を最小限に削減することを約束します。

 

2025年までに、ラファ全体の90%以上の製品が環境に優しい素材で作られるようになります。

2024年までに、すべての製品と配送用パッケージの素材を、すべて責任を持って調達されたリサイクル素材、または配送後に堆肥化またはリサイクルが可能なものに移行します。

2025年までに、DWR(耐久撥水加工)を使用しているすべての製品をPFC(過フッ素化合物類)フリーにします。

2023年までに、ラファは『HIGGインデックス』を使用してビジネス全体を通した環境負荷の削減程度を計測し、サステナブル・アパレル・コーリションの『リーダーメンバー』の基準を満たすことを目指します。

5. 私たちは製品の寿命を伸ばし、リサイクルを促進することを約束します。

 

2022年の末までに、私たちはラファ製品の回収や寄付を行うシステムを構築します。

2027年までに、全体の50%以上の製品を、使用後に堆肥化またはリサイクル可能なデザインにします。

リペアサービスをより効率化させ、製品の寿命をさらに伸ばすことを目指します。

 

6. 2022年以降、毎年『インパクトレポート(環境影響レポート)』を作成し、この長期的な取り組みを紹介していきます。

要約すると、私たちはすでに目標達成に向けた一歩を踏み出していますが、より大きな歩幅の歩みがこの先には待っています。決して簡単なことではありませんが、コミットメントを設定することで、目標に向かって具体的に動き出すことができます。これまで以上に、ラファは変化に向けて動くことを約束します。目的の透明性を高めることで、私たちは目標達成に向けて責任を負うことを誓います。

コミュニティを第一に考えるブランドとして、これから皆様の声に耳を傾けていきたいと考えています。これらのコミットメントに関する最新の進捗情報は、インパクト&サステイナビリティページをご確認ください。今回の発表に関する質問や考えをお持ちの方は、以下のリンクからご連絡をお願いします。




Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる