Close

ラファ ブラックフライデー ライド

今年はいつもと違うブラックフライデーを。例年であればストアが活況を呈する11月27日の金曜日に、ラファ ファウンデーションを軸にしたライドチャレンジを開催。世界中のサイクリストと力を合わせて合計100万キロを走り、自転車に乗る機会に恵まれない人々に1,000台の自転車を寄贈することを目指します。

今年はいつもと違うブラックフライデーを。例年であればストアが活況を呈する11月27日の金曜日に、ラファ ファウンデーションを軸にしたライドチャレンジを開催。世界中のサイクリストと力を合わせて合計100万キロを走り、自転車に乗る機会に恵まれない人々に1,000台の自転車を寄贈することを目指します。

今年は世界中の多くの人々にとって厳しい一年でした。先行きの不安や不透明さに包まれる中でも、サイクリングは様々な規制から人々を解放する役割を担い、脚光を浴びました。このサイクリングを取り巻くムーブメントは過去にないものです。しかし、同時に、ラファは多くのサイクリングクラブやチャリティ活動がパンデミックの悪い影響を受け、サポートを必要としていることを理解しています。

今年のブラックフライデーはセール情報に振り回されることなく、通勤の前後に時間を作って、ラファ ファウンデーションのブラックフライデー ライドに参加してみませんか?

オンラインでも店舗でもセールを行わず、クラブハウスとカスタマーサービスを休業とすることで、スタッフもみなさんと共に走り、ラファ ファウンデーション コミュニティの一員として路上から貢献したいと思います。ワールド バイシクル リリーフにより多くの寄付金を贈ることができるよう、あなたの周りのサイクリストにライドの存在を知らせ、ともに距離を重ねましょう。

チャレンジに参加する

ライドチャレンジは、STRAVAのプラットフォームを使用し、11月27日の金曜日に行われます。あなたの走行距離が世界の積算距離に反映されるように、さらにあなたのSTRAVAトロフィーケースにブラックフライデーのデジタルワッペンを加えるために、こちらからチャレンジへの参加登録をお願いします。

もしこのブラックフライデーに外で乗ることが難しい場合は、あなたの距離も加算できるように、ぜひ下記のZwiftでのグループライドにご参加ください。

チャレンジの仕組み

世界中のサイクリストの積算距離1,000km毎に1台分のバイクの購入資金をワールド バイシクル リリーフに寄贈します。どんなに短い距離でも、積み重ねることで大きな意味を持ちます。ともに協力して寄付する金額は合計12万ポンド(約1660万円)。バイクが欲しくても手に入らない人々のために、1,000台のバイクを用意する資金としてワールド バイシクル リリーフに寄贈します。

寄付を行う

目標は達成するために存在します。チャレンジを拡散してより多くのサイクリストの協力を得ることで、100万キロは現実的に達成できる距離であると確信しています。ライドの挑戦だけでなく、ラファからワールド バイシクル リリーフへの寄付に貢献したいとお考えの方は、ラファのドネーションページを通して寄付を行っていただくことが可能です。どんな少額であっても歓迎いたします。

ラファ ファウンデーションとともに走る

2019年、サイクリングの明るい未来を構築するために設立されたラファ ファウンデーション。これまで光が当てられてこなかった次世代レーサーたちを発掘し、鼓舞し、支援する団体を対象に支援を行っています。現在世界中でラファ ファウンデーションの支援金の対象団体の数は10を超えます。

いずれの受領団体も、これまで疎かにされてきたサイクリングコミュニティを手助けすることの重要性を深く認識しています。善意を形にするため、より多くの人々に自転車の力を感じてもらうために、多くの受領団体もラファのブラックフライデー ライドに参加します。世界中で展開するラファ ファウンデーションのプログラム詳細については、こちらをお読みください。

私たちと走る理由について

サイクリングを世界で最もポピュラーなスポーツにすること。それが私たちのミッションです。2020年ほどその理念を貫く理由が明確になった年は他にありません。パンデミックの中、健康維持のため、通勤のため、または自分の時間を持つために、世界中の多くの人々がサドルに跨がり、ロックダウンの時間を過ごしました。

パンデミックがサイクリストの数を増加させたと言えます。しかしその一方で、多くのサイクリングクラブやチャリティ活動が経済的に継続困難となり、いまだ多くの人々がサイクリングを楽しむことができない状況にあります。多くの地域ではサイクリングは趣味ではなく生活の一部です。

病院や学校、職場への交通手段として、自転車は欠かせない乗り物なのです。自転車があって当然という感覚を持ち合わせていない人々が多くいます。今年のブラックフライデーは、セール品を探すためにショップ巡りをするのではなく、サイクリストとしてサドルに跨って、私たちのミッションに協力していただけないでしょうか?

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる