Close

9月の23日間

地中海から中央山塊を経てメリベルを見下ろすアルプスの自転車道まで、2020年のツール・ド・フランスはまさにジェットコースターのようでした。開催の状況的にも季節的にもいつもと異なる特殊な大会を振り返るフォトギャラリーをお届けします。

24 September 2020

ステージ 01

ニース〜ニース

ステージ 02

ニース〜ニース

ステージ 03

ニース〜シストロン

ステージ 04

シストロン〜オルシエール・メルレット

ステージ 05

ギャップ〜プリヴァ

ステージ 06

ル・テイユ〜モン・エグアル

ステージ 07

ミヨー〜ラヴァール

ステージ 08

カゼール・シュル・ガロンヌ〜ルダンヴィエル

ステージ 09

ポー〜ラランス

ステージ 10

ル・シャトー=ドレロン〜サンマルタン=ド=レ

ステージ 11

シャトライヨン=プラージュ〜ポアティエ

ステージ 12

ショヴィニー〜サラン

ステージ 13

シャテル=ギヨン〜ピュイマリー

ステージ 14

クレルモン・フェラン〜リヨン

ステージ 15

リヨン〜グラン・コロンビエール

ステージ 16

ラ・トゥール=デュ=パン〜ヴィラール=ド=ラン

ステージ 17

グルノーブル〜メリベル/ラ・ロズ峠

ステージ 18

メリベル〜ラ・ロシュ=シュル=フォロン

ステージ 19

ブールカン=ブレス〜シャンパニョル

ステージ 20

リュール〜ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ

ステージ 21

マント=ラ=ジョリー〜パリ

プロフェッショナルの装い

世界で最も優れたサイクリングウェアを作るため、私たちは世界で最も優れたロードレーサーたちと協力してします。ラファはウェア作りの発展のために、10年以上にわたり、様々なレベルの選手たちをスポンサーし、多くのフィードバックを取り入れてきました。

ここでは、ラファがEFプロサイクリングのためにデザインし、どんなコースでも勝利のためのアドバンテージを生み出すコレクションの中で、選手たちが最も着用している製品を紹介します。

EFプロサイクリング プロチーム エアロジャージ

わずかなエアロダイナミックなアドバンテージが勝敗を分かつシチュエーションで活躍するプロ仕様のエアロジャージです。このチームエディションはありがちなレプリカではなく、EFチームの選手たちが世界最高峰のレースで実際に着用し、逃げやスプリントで性能を発揮する2020年度のチームジャージと同じものです。前面に使用された空気の抜けが良いスムーズな生地と、背面に施されたテクスチャー加工が抗力を低減。出力を確実にスピードに繋げます。背面は一方向に毛羽立った素材を使用。空気の流れと同じ方向には滑らかに、反対方向にはざらざらした加工が施されており、さらなるエアロダイナミックなアドバンテージを生み出します。その性能を証明するものとして、このジャージはフランドルが最も沸く「モニュメント(世界五大クラシック)」の一戦ロンド・ファン・フラーンデレンで勝利を収めました。

購入する


ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング)

EFプロサイクリング プロチーム ビブショーツ II

レースに欠かせない必携アイテム。最高峰の石畳クラシックやグランツールでテストされ、実績を残す究極のレース用ビブショーツです。EFプロサイクリングの選手たちがシーズンを通して着用するプロチーム ビブショーツは、究極の快適性と高いパフォーマンスが特徴です。長い年月をかけて洗練され、再設計された最新ビブショーツが生み出すアドバンテージ。ベルギーの石畳からアルプス山脈まで、混沌としたプロトンの中でも驚くほど快適で高い耐久性を誇ります。

購入する


Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる