Close

ラファ 『路上で視認されるため』のガイド

早朝スタートや遅めの帰宅、どんよりと暗い冬の日や霧の濃い春の朝…など、視界の悪い環境では、ロードサイクリストはより一層安全に気をつける必要があります。

17 November 2017

明るい色と、必要な位置に配置された反射素材ディテールは、路上で目立ち、ドライバーから認識されるためには欠かせません。ラファのウェア独自のデザインコンセプトは、明るいときは隠し、暗いときには見せて目を引きつけることができるように配置した反射素材。10年以上の年月をかけて開発し、何万キロもの路上テストを経て、ラファは日中でも夜でもパフォーマンスに優れ、被視認性にも優れたスタイリッシュなウェアを生み出してきました。

確認すべきポイント

360°からの被視認性

ラファでは、サイクリストがどの角度からでも気付かれやすいように、袖、体側、足、ふくらはぎ、首など体のあちこちに反射素材を配置しています。

生地に織り込まれた反射素材

反射素材製の糸を、ソックスやオーバーソックスに織り込むことで、快適性のためのウェアにもハイビズ要素を追加しています。

注意を引きつける

ラファのブルベ コレクションは、目に飛び込んでくる色や大胆な反射素材のストライプを使用しているので、どんよりとした日に、かなり離れた距離からでも認識されやすくなっています。

何を着るべきか

ラファの数多くの製品にはこのルールに従って反射性素材が多用されていますので、一年を通して、どの季節のウェアを着ても、頭からつま先までの被視認性を高くし、路上での安全性を高めることができます。

「1日20時間、10日間もずっと同じウェアを着ているとなると、もちろんフィット感も大事ですが、反射素材がちゃんと付いている。ということだけで、夜明け前や日没時の薄暗い時の安心感が全然違います」

ラファライダーのニール・フィリップ、2016年トランスコンチネンタル(大陸横断)レース 第2位

日の短い季節も安全に

明るい色と大胆な反射素材製ストライプが、太陽の光が少ない季節もあなたを目立たせます。

ラファのウェアは、見え方が異なる反射素材とハイビズ素材を使用することで、路上での被視認性を上げています。ハイビズや蛍光色の生地は、他の色が沈んで見える光の少ない環境でも、太陽光に含まれる紫外線を人間の目に飛び込む明るい色に変換します。反射素材の生地は暗い環境で効果を発揮します。当たった光を反射することで、周囲の暗闇から浮き出る効果をもたらします。

ラファでは、製品の多くに再帰反射素材と呼ばれる素材を使っています。この素材は、当たった光を周囲にまんべんなく反射するのではなく、鏡のように光源に向かってのみ直接反射させます。そのため、この素材は際立って明るく見えるのです。ラファでは、その性能と耐久性の両方のために、最高品質の再帰反射素材のみを使用しています。

ニュースレターに登録されますと、ラファのウェブサイト利用規約に同意し、またクッキーの使用についてを含むプライバシーポリシーをお読みの上、同意したものとみなします。