Close

アンビシャス 220

6月26日(土)〜27日(日)

マンチェスターからロンドンまで走る伝統を引き継いだ『アンビシャス 220』は、イギリスの『アンビシャス・アバウト・オーティズム(自閉症児のための国立基金)』への寄付金を募るラファのチャリティーライドです。

2020年、私たちはいくつものライドイベントが中止に追い込まれるのを目にしてきました。これはつまり多くのライダーたちのトレーニングが報われなかったことを意味しています。2021年はライドイベントがキャンセルになることに悩まされることがないように、キャンセルの心配がない様々なライドチャレンジを開催する予定です。サポートもなく、ガイドするのは自分自身。バイクが一つあれば挑戦可能な220マイルが、あなたの志を試しています。

参加の動機について

ラファの創設者ならびにCEOのサイモン・モットラムは、長年チャリティー活動『アンビシャス・アバウト・オーティズム』をアンバサダーとして支持してきました。毎年マンチェスターからロンドンまで走るライドチャレンジの中止を余儀なくされる状況の中で、自身の息子のポテンシャルを最大限引き出したチャリティーのサポートに思い至ったのです。

「アンビシャス・アバウト・オーティズムは本当に素晴らしい団体です。彼らは私と私の妻、そして私も息子オスカーを長年サポートしてくれました。現在息子はツリーハウススクールを卒業し、アンビシャスカレッジに通っています。彼らの情熱と知識、そして何よりも彼らの真っ直ぐな志が、関わるすべての家族に良い変化をもたらしています。彼らのアンバサダーを務めることを大変誇らしく思っています」

– サイモン・モットラム - ラファ ファウンダー/CEO

チャレンジの仕組み

6月の週末に開催される『アンビシャス 220』は、その名の通り220マイル(約354km)を走るチャリティーライド。24時間以内で走る強者もいますが、土曜日にスタートして2日間かけて走り切っても構いません。参加者の方々は、オフロードに挑戦することだって可能です。走る場所は問わず、STRAVAにログをアップすればどこを走っても構いません。

『アンビシャス 220』に参加する意志のある方は、参加登録と、エントリー費として¥4,230の支払いが必要です。参加者には、マンチェスターからロンドンまで走った往年のライドの参加賞を彷彿とさせるライダーパックが贈られます。ライダーパックには、特別版のキャップとミュゼット、ワッペン、ライダーナンバー、ガイドブック、『アンビシャス・アバウト・オーティズム』の案内、その他のアイテムが含まれます。

さらに参加者は特別デザインのアンビシャス ジャージが購入可能に。ライドに間に合うように、ジャージは事前オーダー制となります。

『アンビシャス 220』に登録し、参加費用をお支払いいただくと、GoFundMe®の個別寄付金ページにアクセスするリンクが送られます。あなた専用の寄付金ページにて、『アンビシャス・アバウト・オーティズム』への寄付か、地元の自閉症サポートチャリティーへの寄付、またはその両方への寄付をお選びいただけます。ライドへの参加にあたって寄付を強制するものではありませんが、ライドの目標に合わせた寄付金額を設定していただければ幸いです。



 

アンビシャス 220 ジャージ

まもなく公開

このライドを記念する、長距離を走るライダーのマインドの変化にヒントを得たデザインの機能的なミッドウェイトジャージ。220マイルの刺繍が入ったアンビシャス 220 ジャージは、この夏のライドチャレンジを共に走るのに最適です。
情報は随時アップデートされますので、こちらのページをチェックしてください。

Rapha.ccは、まもなく現在お使いのブラウザーのサポートを終了します。

もし引き続きRapha.ccを現在お使いのブラウザーからご覧の場合は、正常に表示されない可能性があります。Rapha.ccを快適にご利用いただくために、下記のブラウザーのダウンロードを推奨いたします。

私のパソコンではIE11しか使用できません。

お知らせいただき、ありがとうございます。

メッセージを閉じる