Close

ラファについて

2004年、ロンドンでサイモン・モットラムが設立したラファ。創業以降、ラファは一貫して世界で最も上質なサイクリングウェアを生み出してきました。15年もの間、バイクの魅力に気付いたばかりの初心者からワールドツアーレースに参戦するプロ選手まで、ありとあらゆるサイクリストを納得させる製品を生み出すため、ラファは快適性とパフォーマンス、そしてスタイルを刷新し続けてきました。

このスポーツへの愛を源流とするラファは、これまでにないユニークなライドやイベントを定期的に開催し、またスポンサーとして携わってきました。サイクリストが集まる過去に類を見ないコミュニティとして、2015年に設立したラファ サイクリング クラブには現在世界中で12,000人を超えるメンバーが所属しています。ヨーロッパ、北米、アジアに散らばる合計23店舗のクラブハウスでは、最新の製品を取り揃えるのはもちろん、カフェスペースがRCCメンバーや地元のサイクリストの集いの場所として機能しています。

ラファは、その黎明期から、ロードレースの最高峰の選手たちと共に製品開発を行ってきたことに誇りに思っています。2005年から2012年までイギリスのUCIコンチネンタルチームであるラファ コンドールのタイトルスポンサーを務め、2012年から2016年まではウェアスポンサーとしてチームスカイの活躍に貢献しました。2016年からはUCIウィメンズ ワールドツアーの強豪チームであるキャニオン//スラムのスポンサー活動を開始。ロードレースの実情に関する2年間のリサーチをまとめた『ラファ ロードマップ』を発行しました。2019年にはEFエデュケーションファーストのスポンサーとしてUCIワールドツアーへの復活を果たしています。

今年、ラファは2つの鍵となる新しい試みを始めました。オンライン上の革新的なデザインツールを使って、どなたでもご自身でフルカスタム製品を簡単にデザインできる『ラファ カスタム』がスタート。さらに、サイクリング界により良い未来をもたらしたいという使命感から、次世代の選手たちを鼓舞して力を与え、金銭的にサポートするための『ラファ ファウンデーション』を設立。選手育成に携わる非営利団体に資金を提供していきます。

ニュースレターに登録されますと、ラファのウェブサイト利用規約に同意し、またクッキーの使用についてを含むプライバシーポリシーをお読みの上、同意したものとみなします。