Rapha H-Vanミニチュア

“ラ・ヴォワチュール-バレ”、お掃除ワゴンと呼ばれるこの車は、1910年、ツールドフランスが初めて高い山を走った年に初登場。このお掃除ワゴンはまるでペロトン達を吸い上げる掃除機の様に最後尾のライダーの後ろを走り、もがいているライダーを捕まえ、捕まったライダー達は自転車を降り、リタイアし、レース番号を返却しなくてはいけません。この様な役割に向くシトローエンの人気モデルヴィンテージ“H-Van”は、Raphaの使者として世界中のロードレースとイベントで有名になりました。実際我々は現在4車両を保有し、信頼できるサービスカーとしてRaphaライドやイベントでもがいているライダー達をピックアップするだけでなく、美味しいコーヒーや食べ物の提供もしています。Rapha H-Vanは世界中のRaphaサイクルクラブの主でもあります。

キーフィーチャー: