長めカットのサイクリングビブショーツ

最新の革新的な"¾”は、ベルギーのハードマン、 エドウィグ・ヴァン・  が1989年のフランダースツアーでの優勝後に考えついた発明。ひどい天候の中でのライドで、従来のショーツを着用していた彼は慢性的な膝の痛みを悪化させたところから、彼は膝下まで長くしたショーツで、その時代慣例となっていたバンデージに代わるよりエレガントな解決策を提供した。その新しいスタイルは1990年に発表され、1991年のフランダース再参戦で彼が優勝した事で国際的なお披露目にもなった。

Raphaの¾ ビブショーツは、フリースで裏地をとった特別なサーモルーベ繊維で最高の着心地を提供。Raphaの通常のビブショーツ同様、この¾ Bib Shorts もオーバーヒートを防ぐ為、背中に高級メッシュ素材を使用。パッドもイタリアの専門メーカーであるCytech社のトップグレードのパッドが採用されています。スリムでフィット感の高いパッドは柔らかく、かつ肌触りが優しく仕上げられています。ペダリングの連続運動で肌にこすれるのを防ぐために、縫い目を表面に出さないフラットロック・スティッチを採用し、腿まわりにはズレを防止するソフトグリッパーがあしらわれます。裾にスタイリッシュな白いラインを入れる事により、高視認性にも配慮しました。

レビュー:

本当にピッタリとフィットしながらも最高に快適なルーベ生地が春と秋だけでなく最悪の冬にも理想的なショーツにしてくれています。
– Cycling Plus / Bike Radar ****½

暖かく、伸縮性もあり、寒い夜に柔らかいブランケットに包まれるような快適さ。防風性は特筆すべきで、零下から50度を超える気温の中で着ても、いつも快適な温度を保ってくれ、暑すぎる心配をする必要がない。
– www.bicycling.com

本物の期待を裏切らないRapha、一度着ると手放せない着心地の良さ。
– www.roadcyclinguk.com